staff15

1 2 3 73

 
FRAコンサルティング・代表の降矢等です。
 
 
動画3300120_s公益社団法人東京都不動産鑑定士協会が、不動産鑑定士の多様な働き方を紹介する動画シリーズ「鑑定士×多様性」の新作 ”鑑定士×マルチキャリア” を公開しました。

 
不動産鑑定士でありながら、不動産仲介やMA仲介などさまざまな仕事をマルチに手がける方が登場します。
 
ぜひご視聴ください!
 
 

「鑑定士×多様性」シリーズにつきまして、現在公開中の以下動画は、こちらよりご覧いただけます。

Vol.00 予告編
Vol.01 第1回「鑑定士×自分らしさ」
Vol.02 第2回「鑑定士×オーケストラ」
Vol.03 第3回「鑑定士×マルチキャリア」

 
また新作の公開がありましたらご案内を差し上げます。

 

【関連記事】

不動産の困った!にお応えできるのが不動産鑑定士です(その1)
不動産の困った!にお応えできるのが不動産鑑定士です(その2)
不動産の困った!にお応えできるのが不動産鑑定士です(その3)
不動産の困った!にお応えできるのが不動産鑑定士です(その4)

 
 
 
創業20年超の不動産鑑定会社です↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
不動産鑑定士・伊藤由美子です。

前回まで、広島の再開発、 ”新しいものへと変える” 話題をお届けしてきましたが、本日は、金沢の ”古いものへと戻す” 動きについてのブログです。
 
前田家の城下町として発展した金沢市は、旧町名の復活に力を入れていることで知られています。
 
昭和37年に合理的な住居表示の制度について必要な措置を定めた 『住居表示に関する法律』 が制定され、所在をわかりやすくするための町名の整理・統合が全国で進められました。
 
このときに金沢でも藩政期に由来する由緒ある町が、範囲の大きな町へと組み込まれていきました。

このときに失われた町の名前が「旧町名」です。
 
旧町名復活の目的を、金沢市はコミュニティの再生としています。
 

旧町名は、その土地の歴史を刻み、人々の営みや情景を映すかけがえのない貴重な歴史的文化資産です。旧町名やその町の歴史を学び知ることによって、私たちの町と郷土への誇り、そして、愛着を新たなものとし、住民同士の交流とまちづくりに活かしていくことは、よりよいコミュニティを推進していく上で重要であると考え、金沢市は旧町名復活を推進しています。

金沢市ホームページより

 
 
金沢5146586_s

1999年金沢市において全国ではじめての旧町名復活が実現。

尾張町2丁目の一部となっていた浅野川沿いの江戸期以来の茶屋街が、旧町名の 主計町(かずえまち) に戻りました。

前田利家の孫を妻とした加賀藩士の富田主計(とだかずえ)の邸地であった歴史ある土地だそうです。
 
 
 
以後、現在まで市内で25の旧町名が復活を果たしています。

詳しくは、金沢市ホームページ 「旧町名の復活」 をご覧ください。
 

金沢は古都としてインバウンド人気も高い都市ですが、旧町名は対外的なブランディング効果を発揮し集客増にもつながったそうです。
 

なお、東京都では2018年に千代田区において、旧町名の 神田猿楽町 神田三崎町 が復活しました。

それぞれ一度は取り外された冠称「神田」が、地域住民の要望によって戻りました。
 
 
新たな魅力を打ち出すのか、旧き良きを大切にしていくのか。
 
向かう方向性は逆となっても、その土地の強みを見極め、志をもってまちづくりに取り組む姿勢が大切なのだと思います。
 
 
 
金沢の不動産鑑定評価を承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
FRAコンサルティング・伊藤由美子です。

中国・四国地方最大の都市・広島市では、近年、活発な再開発の動きがあります。

その一部についてご紹介するブログの3回目、こちらが最終回となります。

 
本日は、「グローバルMICE都市」※として飛躍を目指す広島が、期待を寄せる 大型ホテルの新規開業 の話題です。
 
※広島市は、他の全国11都市とともに、観光庁からグローバルレベルで誘致競争力が高く集中支援すべき「グローバルMICE都市」に選定されている
 

MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。

出典:観光庁ホームページ

MICEの開催は、「経済的波及効果」だけでなく、ビジネス・イノベーション機会の創出や本市の文化・産業・人材育成等への影響等の「社会的波及効果」を生み出すなど、都市の競争力強化を図ることができます。

出典:広島市ホームページ

 
1639036741350

「グローバルMICE都市」(観光庁) を加工して作成

 
ホテルHiroshima
 
コロナ禍に水を差された格好となっていますが、訪日外国人の増加を受けて、近年の広島はホテルの建設・開業ラッシュの状態にありました。
 
昨年私が広島駅前のホテルに宿泊した際には、周辺に築浅ホテルが多数見られました。
 
 
ただ、これら新設ホテルは多くがビジネスホテル。

大規模なMICE開催は困難です。

これまで市内でMICE開催があったのは 「リーガロイヤルホテル広島」 「グランドプリンスホテル広島」 「シェラトングランドホテル広島」 等でした。

 

ここに新たな選択肢として加わるのが、この秋、原爆ドームや市中心繁華街から徒歩圏内に開業する「ヒルトン広島」です。

かつて公共施設があった土地を県が主導し再開発。

中四国へのヒルトン初進出となります。
 

■ヒルトン広島

所 在 地: 広島市中区富士見町11-12
敷地面積:6,403㎡
延床面積:48,027.70㎡
建物規模:地上22階
客 室 数: 客室420室

ボールルーム(8,744㎡)、レストラン(2,133㎡) 、チャペル(2,030㎡)、プール・フィットネス(2,030㎡)、等施設を備えます。(広島県公表資料より。)
 

コロナ収束後には、インバウンド宿泊や大型イベントの需要の受け皿として、地域経済の活性化を牽引する施設となることでしょう。
 

さて、余談です。

昨年公開された映画『ドライブ・マイ・カー』は広島が主たる舞台となっています。

『ドライブ・マイ・カー』公式サイト

 
主演の西島秀俊さんと岡田将生さんがグラスを傾けるシーンは、「シェラトングランドホテル広島」のバーで撮影されたそうです。

見たあとに感想を語り合いたくなるような映画でした。DVDが来月リリースです。
 
 
 
ホテルの鑑定評価も弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
南口1259912_s
不動産鑑定士・伊藤由美子です。

前回ブログではJR広島駅北口側の開発案件をご紹介しました。

駅の南口側では、より大規模に、再開発が進行中です。
 
 

施設整備の完成予定順にご紹介しますと、

2022年 日本郵便新ビル

2025年 新広島駅ビル

路面電車乗り場再整備

2026年 ペデストリアンデッキ

広島駅南口広場再整備

と、駅風景を一変させるであろう工事の数々が行われています。

 
これら事業の概要についての広島市の説明です。
 

広島駅南口広場の再整備等においては、JR西日本が実施している現広場の自社所有部分上空の立体利用を前提とした駅ビルの建替え(令和7年春開業予定)と連携し、路面電車を新駅ビルの2階レベルへ高架で進入させることで生まれる空間や新駅ビル1階などを活用して、広場を約1.4倍に拡張することにより、駅周辺に点在するバスの乗降場を集約するなどの再整備を行います。

併せて、広場や新駅ビルを中心に広島駅南口Aブロック・Bブロック・Cブロック、及び日本郵便の新ビル方面へのペデストリアンデッキを設置し、駅自由通路とつながる2階レベルの歩行者ネットワークを構築します。

また、路面電車について、広島駅と紙屋町・八丁堀地区間の所要時間の短縮などを図る駅前大橋ルートを新設するとともに、既存路線を活用して市内中心部を環状で結ぶ循環ルートを整備し、沿線地域の利便性の確保や賑わいの創出等を図ります。

 
この大変化、都内でいえば渋谷駅のようですね。
 
各事業の詳細は以下ウェブページにまとめられています。

日本郵政グループプレスリリース 「広島駅南口における開発計画について」

広島市 「広島駅南口広場再整備等 パンフレット」

 
 
旅行者の立場で一番気になる新ビルの概要は、以下です。
(日本郵政およびJR西日本の公表資料より)
 

■仮称・広島駅南口計画(日本郵便新ビル)

開業予定:2022年秋
延床面積:約44,800㎡
建物規模:地上20階
用 途 :事務所、店舗、自走式駐車場

 

■新・広島駅ビル

開業予定:2025年春
延床面積:約111,000㎡
建物規模:地上20階・地下1階
用 途 :店舗、ホテル、駐車場

 
 
変わる広島駅を再訪する日が待ち遠しいです。
 
 
 
広島の不動産鑑定評価、承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
FRAコンサルティングの伊藤です。

前回ブログでお知らせしたとおり、今回より3回のブログで広島市内の開発案件を取り上げます。

 

北口3046294_s

初回は広島の陸の玄関口・JR広島駅の北口について見てまいります。
 
昨秋、駅北側の「二葉の里地区」にある、 約1.9ヘクタールの土地 の取引がニュースとなりました。

売却したのは、世界最大の家具販売チェーンであるイケアグループ(スウェーデン)の日本法人。

購入したのは、住友不動産です。
 
 
国有地であった当地はイケア・ジャパンの店舗用地として2013年に47億550万円で落札されたものの、着工のないまま駐車場となっていました。
 
この背景にあるのは…イケアの出店戦略の見直しです。

倉庫型の大型店を展開、組み立て式家具の販売を中心に北欧の世界観に基づく雑貨売り場やカフェも併設して事業を拡大してきたイケアですが、消費者の嗜好の変化に対応し、ここ数年、世界で都心型小型店舗の展開に乗り出していました。

日本でも、コロナ禍のなか、原宿、渋谷、新宿、と順次新店がオープン。

いずれの店舗も若者や女性で賑わっています。
 
イケアの広島での出店戦略はどうなるのか、 「地区計画やまちづくりガイドラインに沿い、広島市の発展に寄与するような開発をしていきたい」 とする住友不動産がどのようなプランを出してくるのか、広島の方々は状況を注視しています。
 
 
元イケア予定地と同じ「二葉の里地区」には、もうひとつ案件があります。

駅前にJR西日本広島支社 がありましたが、同支社が2020年11月に新社屋へと移転。

旧社屋の一部撤去工事が2021年5月に始まっています。

JR西日本の発表によれば、撤去部分の暫定的な開発を進めつつ、最終的な土地開発方針を固めていく流れのようです。
 

「二葉の里地区」の両案件、いずれも県・市・民間事業者の連携のもとで、将来像が見出されていくことと思います。

 
さて、余談となりますが… イケアの広島への大型店出店見送り発表とほぼ同タイミングで、同社がフィリピンに初出店したとの報に接しました。

マニラの巨大商業施設に隣接する店舗の延床面積は68,000㎡(東京ドーム約1.5個分)で、世界最大だそうです。

広い店内で小さな子どもたちを連れたフィリピンの大家族が買物を楽しむ姿が目に浮かびました。

 

【関連記事】

不動産鑑定士が見たフィリピン(その1) ~なぜ、フィリピン?
不動産鑑定士が見たフィリピン(その2) ~LCCのインパクト
不動産鑑定士が見たフィリピン(その3) ~消費は善なり!
不動産鑑定士が見たフィリピン(その4) ~活発な不動産投資
不動産鑑定士が見たフィリピン(その5) ~インフラ未整備
不動産鑑定士が見たフィリピン(その6) ~サービス業の隆盛
不動産鑑定士が見たフィリピン(その7) ~物価は安定
不動産鑑定士が見たフィリピン(その8) ~人口ボーナスの期間、ASEANでNo.1
不動産鑑定士が見たフィリピン(その9) ~アジアの希望の星へ
不動産鑑定士が見たフィリピン(その10) ~プレビルドって?
不動産鑑定士が見たフィリピン(その11) ~訪日客は前年比3割増
不動産鑑定士が見たフィリピン(その12) ~在日外国人労働者、フィリピンは国籍別第3位

 
 
 
広島の不動産鑑定評価、承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
不動産鑑定士・伊藤由美子です。

前回ブログで弊社代表の降矢が 「令和2年国勢調査」 を取り上げました。

活動・訪問してきた都道府県について、人口に関する最新状況を一覧すると、肌で感じた土地柄のいまとこれからにつき一層思考が深まるような気がいたします。
 

全国各所に思いを馳せたところで、本日のブログより「広島」「金沢」の話題をお届けしたいと思います。

それぞれ、言わずと知れた中国地方および北陸地方の最大都市ですが、昨年行く機会がありました。
 
金沢は今回が初リポートとなりますが、広島については2年前にも記事をあげております。
 

広島に行きました

『アンデルセン』と『BLUE BOTTLE COFFEE』 ~元気をくれるカフェ

 

イントロ

2つ目の記事で、広島発祥のベーカリー『アンデルセン』の広島本店は工事中、新店舗にいつか行ってみたい、と書きましたが、この願い、叶えることができました!

 

広島を代表する本通商店街にあるお店は、想像以上していた以上に美しい佇まいで、賑わう店内は食を満たすのみならず文化の発信地となっていました。
 
 
 

1925年に旧三井銀行広島支店として竣工され、様々な歴史をくぐり抜けてきた建物を活かして、広島アンデルセンが誕生したのは1967年の10月のこと。
それから約半世紀。たくさんの思い出がつまった建物にいったんお別れを告げて、2020年8月、私たちは本通の地に新たな命を吹き込みました。

株式会社アンデルセンHPより

 

パン購入だけでなく、お茶や食事のスポットとして広島の方々に大人気のようです。

広島市中心部にお出掛けの際は、ぜひお立ち寄りになってみて下さい。
 
 
 
全国の不動産鑑定評価を承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
FRAコンサルティング代表の降矢等です。

三が日が土日と重なったこの年末年始、ご勤務先の業種によっては短い休暇となったかと存じます。

限られた時間であれど、身が引き締まる新年、みなさまそれぞれに思いを巡らせお過ごしになられたことでしょう。
 

将来予測に際しては、各種データが助けとなります。

代表的な基幹統計(総務大臣が指定する特に重要な統計)である「国勢調査」

最新調査年2020年の国勢調査人口(確定値)が1ヶ月ほど前に公表されました。
 
わが国の人口は1億2614万6千人(2020年10月1日現在)

2015年調査に引き続き、人口は減少しています。
2015年からは0.7%の減少で、これは年平均だと0.15%減との計算となります。
 
以下、総務省公表の図表をお示しします。(出典:総務省ホームページ
 
1639122599783

 

1639122619699
 
東京都の人口は、1404万8千人で都道府県別で最多となりました。

東京圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)人口3691万4千人で、全国の約3割(29.3%)を占めています。
 
 
1639122637817
 
都道府県別人口増加率は、3.9%で最高値となった東京都はじめ8都県でプラス(人口増加)となりました。

一方、39道府県についてはマイナス(人口減少)を呈し、うち33道府県で減少幅が拡大しました。
 
 
不動産の鑑定評価では、人口動態を踏まえた地域の将来予測が欠かせません。

マクロの視点とミクロの視点の双方に立った鑑定評価で、本年も皆さまのお役に立っていけましたら幸いです。
 

【関連記事】

不動産鑑定評価に、統計情報は欠かせません
賃料評価に活用!「消費者物価指数」「企業向けサービス価格指数」
過去時点の建物評価に活用!「建設工事費デフレーター」
不動産価格の暴騰・暴落が起きる理由
本日10月18日は「統計の日」です

 
 
 
精緻な分析に基づき、鑑定評価をさせていただきます↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
15-22895291_s

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も一層のサービス向上を目指し、スタッフ一同誠心誠意努めてまいります。

変わらぬご愛顧を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。
 

株式会社FRAコンサルティング
代表不動産鑑定士
降矢 等

 

**◇◆新しい年もお気軽にご相談下さい◆◇**********************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
14-22054919_s
平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。
 
誠に勝手ではございますが、下記年末年始の期間につきまして休業とさせて頂きます。
 

【休業期間】令和3年12月29日(水)~令和4年1月3日(月)

 
 
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

皆さまがよき新年を迎えられますことを心よりお祈り申し上げます。

 
**◇◆新しい年もお気軽にご相談下さい◆◇**********************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
13-2842980_s
FRAコンサルティング代表の降矢等です。

コロナ禍を脱することができないまま、2021年が終わりを迎えようとしています。

年が改まる節目、事業経営者のみなさまにあっては、大局的見地から事業について検討する時間を持つ方も多いことでしょう。
 
 
本日は、中小企業庁が今年4月1日に始動させた、事業承継・引継ぎのワンストップ支援を行う 「事業承継・引継ぎ支援センター」 についてご紹介します。
 

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年の休廃業等の件数は過去最多となるなど、中小企業の事業承継は喫緊の課題です。
こうした中、本年4月1日より、事業承継・引継ぎのワンストップ支援を行う事業承継・引継ぎ支援センターが活動を開始します。
親族内承継や第三者承継(M&A)など幅広い相談に、より柔軟に対応する窓口として、積極的に御活用ください。

出典:経済産業省ウェブサイト

 
と、国が呼びかける 「事業承継・引継ぎ支援センター」 は、各都道府県単位で設置されています。

各都道府県の事業承継・引継ぎ支援センター連絡先一覧

 
各センターでは、以下の支援を無料で受けることができます。(※)

1.事業承継・引継ぎ(親族内・第三者)に関する相談
2.事業承継診断による事業承継・引継ぎに向けた課題の抽出
3.事業承継を進めるための事業承継計画の策定
4.事業引継ぎにおける譲受/譲渡企業を見つけるためのマッチング支援
5.経営者保証解除に向けた専門家支援   など

※一部地域では支援内容が異なる。専門家派遣による支援等を実施する場合には費用負担が発生することあり。

 
都内の方は、東京都事業承継引継ぎ支援センター をご利用ください。
 
事業用不動産に関するお悩みごとにつきましては、弊社不動産鑑定士もご質問にお答えしております。
初回ご相談は無料です。
ウェブフォームまたはお電話(03-3626-5160)でお気軽にご相談ください。
 

【関連記事】

不動産のお悩みは不動産鑑定士が確実に解決します

事業承継準備を不動産鑑定士がお手伝いします

企業不動産の評価:「企業不動産」と「企業不動産戦略」
企業不動産の評価:企業不動産のリスク
企業不動産の評価:中小企業の不動産リスク
企業不動産の評価:役員・会社間の不動産取引は鑑定時価で
企業不動産の評価事例:役員所有の工房を会社所有とする事業承継対策
企業不動産の評価事例:役員所有の収益マンションを会社へ売却
企業不動産の評価事例:社宅を社長の個人資産へと移管

鑑定評価書で不動産の低廉譲渡トラブルの防止を!

 
 

1 2 3 73