東京の不動産について

1 2 3 9

 
不動産鑑定士・降矢等です。
 
以前ブログにて、公益財団法人メトロ文化財団が、メトロ沿線地域での伝統工芸・芸能、文化遺産、祭り、などの展示・紹介をしているEchika池袋ギャラリー(有楽町線池袋駅と副都心線池袋駅をむすぶ通路)ついて取り上げました。

墨田区について展示中… 東京メトロ池袋駅通路にて
 
 
22306337_s

同ギャラリーにて、今月は台東区の文化・歴史・芸術についてのパネル展が行われています。

「いきいきTOKYO夢職人」と題された展示では、江戸手描提灯と彫刻看板の職人の方がそのこだわりを語っています。
 
展示は10月28日(木)までです。
 
 
台東区は長く公的評価を担当させていただいている地域です。

当地の伝統に根差した魅力を、より多くの方に知っていただきたく思っております。

 

【関連記事】

FRA代表鑑定士 降矢等の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・鑑定評価員
FRA代表鑑定士 降矢等 の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・幹事

東京、墨田・江東・台東の不動産鑑定に強い理由があります

 
 
さて、年初の台東区の地価の状況は、

商業地平均が昨年は+14.9%の上昇を見せていたところ、今年は-4.0%という大転換となりました。
増え続けていた訪日観光客が一挙ほぼゼロとなり、大きく減退してしまった区内での飲食や宿泊の需要はその回復時期が今も見通せません。

【令和3年地価公示】台東区・墨田区・江東区について ブログより )

といった状況でした。

 
IMG_7905
 
外国人観光客が戻っていない状況はいまも変わらないですが、ワクチン接種が進展し感染状況が落ち着くなか、商業エリアの人通りが平日でも増えてきました。
 
物販については業況の改善も見られる一方で、飲食はまだ難しい環境が続いています。
 
 
 
土地取引に目を向けますと、エリア全体としてコロナ後を見据えた売買が活発になってきています。

とくにマンション用地需要は旺盛です。
 

このような状況より、浅草や上野に所在する区内一等地を点でみるとコロナ以前の状態に復帰したとは言い難いですが、区内全域を面として捉えると明るさが感じられる、というのが私が肌で感じております台東区のいまの不動産市況です。

 
 
台東区不動産についてのご質問がおありの際は、お問い合わせフォームまたはお電話(03-3626-5160)にて、どうぞお気軽にご連絡ください。(初回無料、オンライン可能)

 
 

【関連記事】

オンライン面談サービス開始のお知らせ

 

 
FRAコンサルティングの伊藤です。

すっかり秋の風情となっていますが、みなさま体調にお変わりありませんでしょうか?
 
夏の終わり、弊社代表の降矢から話を聞いていた東京区政会館に行く機会がありました。
 

【関連記事】 江東区について展示中… 東京区政会館1階エントランスホールにて

 

DSC_3056

 
東京区政会館は、特別区協議会の事務所建物です。

特別区(東京23区)の自治発展を目的に設立された同協議会は、特別区の自治に関する調査研究・普及啓発、特別区の事務の支援などの事業を担っています。
 
 
 

同会館の1階エントランスホールには「東京23区観光コーナー」があり、紹介展示や各区作成のパンフレット類の配布が行われています。

「東京23区観光コーナー」(特別区協議会公式ホームページより)

 

42007
 
都庁にも東京の市区町村のパンフレットコーナーがあって、出向いた際にはちょくちょく立ち寄っていますが、区政会館でもさまざまな情報を入手することができました!
 
地元ご自慢のルートが紹介された地図類は、ウォーキングのお伴に最適ですね。
 
 
 
東京の魅力をふたたび全国の方に、世界の方に、体感していただける日常へと早く戻れますように…
 
 
 
東京の不動産鑑定評価は、弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
FRAコンサルティング代表の降矢等です。
 
ただいま、各線飯田橋駅からすぐの場所にある東京区政会館のエントランスホールにて、江東区の、歴史・文化・レジャースポット等についてのパネル展が行われています。

 

5142518_s
 
展示期間は9月6日(月)まで。(日曜日、祝日を除く。)
 
「魅力発信!スポーツと人情があついまち、江東区」
と題し、隅田川、荒川、そして東京湾に囲まれた水と緑豊かな水彩都市・江東区の魅力が紹介されているとのことです。
 
 
 
 
臨海部に東京オリンピック・パラリンピックの会場も多く擁する江東区。

より多くの方々にご関心を持っていただけるようでしたら、江東区地価変動を常に追っております私もうれしく存じます。
 

【関連記事】

FRA代表鑑定士 降矢等の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・鑑定評価員
FRA代表鑑定士 降矢等 の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・幹事

東京、墨田・江東・台東の不動産鑑定に強い理由があります

 
 
パネル展についての詳細は、特別区協議会公式ホームページてご確認ください。

 

江東区不動産に関するお悩みごとのご相談を承っております。(初回無料です。)
お問い合わせフォームまたはお電話(03-3626-5160)にて、お気軽にご連絡ください。
 

 
4240304_s

 

FRAコンサルティング・伊藤由美子です。

明日、高尾山口駅前に、京王電鉄がホテルをオープンします。

駅から徒歩1分、旧ホテルをリノベーションした体験型ホテル「タカオネ」です。
 
 
 
体験型ホテル!? いったいどのようなホテルに・・・?

(以下、引用部分の出典は、京王電鉄のプレスリリースです。)

 

体験型ホテルである「タカオネ」では、能動的に体験することのできる機会をご提供し、「タカオネで過ごす時間そのものが、アクティビティのような一つの体験として楽しめること」を目的としています。また、家族やグループはもちろん、ホテルを訪れるさまざまな人との交流を楽しめるような場を目指しています。
中庭で薪を割って火を起こし、みんなで食事をつくる焚き火ディナーや、朝日を見に行く裏山サンライズハイクツアー、街と山を巡る高尾ローカルツアーなど、登山やアウトドアスポーツの枠に捉われないさまざまな過ごし方をご用意しております。

 
東京在住で高尾山へ、というと日帰りのイメージが強いですが、短時間の移動・お泊まりでゆっくり非日常、は魅力的ですね!
 
キャンプブームにはちょっと乗り切れないけれど、自然を感じたい、焚き火に癒されてみたい、という方々にピッタリでは。(・・・私もこのグループに入ります。)
 

【関連記事】

第二次キャンプブームとは
焚き火の効用・ASMR(自律感覚絶頂反応)について

 
 

一般的な個人利用はもちろん、学生・社会人・サークルなどさまざまな団体の合宿や研修にもおすすめのアクティビティが体験でき、「都心からアクセス抜群でありながら、大自然を満喫できる新しい合宿」として活用できます。さらに、「ワーケーション」など新しい働き方の拠点や、さまざまなコミュニティ拠点としても利用できます。

 
まず出社感覚でタカオネへ。その日はしっかり仕事をして、翌日は早朝から山登り!

下山したら高尾山口駅直結の極楽湯にてお風呂と食事をゆっくり楽しんで家路へ・・・といった、お手軽ワーケーションのイメージが湧きました。
 
ワーケーションデビュー、してみたいです!
 
 
タカオネの開業が、京王電鉄が目指す高尾山エリアの価値向上へとつながるかどうか、注目していきたいと思います。
 
 
 
多摩地域の不動産鑑定評価、弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

 
FRAコンサルティングの伊藤です。

東京に出されていた緊急事態宣言は期限となる6月20日に解除、7月11日までを期間とするまん延防止等重点措置に移行することが、昨日、決まりました。

ワクチン接種の進展に希望を持ち、引き続き感染予防に努めていきたいです。

 
36024

さて、以前のブログでも取り上げました、『下北線路街』に、一昨日、新しい商業施設がオープンしました。

「reload(リロード)」 です。

在宅勤務の本日、昼食ついでに自転車&徒歩にて開業直後の様子を見にいってまいりました!
 

【関連記事】

『下北線路街』を歩く

 

関連記事で紹介した商業施設「BONUS TRACK」にはネーミングの妙がありましたが、reload(リロード)にもまた深い意味が込められています。
 

36046

下北沢の地域に根付いた人・店・カルチャーを大切にしながらも、日々住民とのコミュニケーションを重ねていく個性あふれるテナントや、都度表情を変えていくPOP UPスペースを掛け合わせることで、完成することなく変わり続ける場であること、新たな歴史を更新していく施設となるよう「reload」と名称をつけました。

<運営会社・株式会社GREENINGのプレスリリースより>

 
 

同プレスリリースで、建物の設計・デザインについては以下のように書かれています。
 
36031

従来のビル型商業施設とは一線を画し、大小様々な建物が軒を連ねる低層分棟形式の施設構造と、そのそれぞれに店主の顔が見える個性的な店舗が入居するのが特徴。
施設の大部分を占める屋外空間はテラスやベンチ、豊富に施された植栽の緑が清々しく、ポストコロナ時代においても心地良い、個店街を散策・回遊しながらまるで下北沢の街並みをそぞろ歩きするような楽しさが感じられます。

 

36054

 

狙いのとおり、回遊を前提とした2階建ての建物は、迷路的な楽しさのある空間でした!

規模や形態は違いますが、店舗を巡りながら不思議な感覚にとらわれるところは、表参道ヒルズと共通するように思いました。

階段が多くそれが場の個性となっている点では、渋谷東急ハンズとも少し似ています。
 
 
 
 
36056

 
開業時は全24区画のうち10区画が開店、ということで、まだ工事未着手の空き区画のほうが多く、オープニングの高揚感に溢れているといった雰囲気ではなかったです。
 
 
 
・・・この肩の力が抜けたゆるっとした感じこそ、シモキタらしさ、そこが大事にされたからなのかもしれません。

 
 
36025

こだわりを感じさせる、カフェ、カレー店、文具店、眼鏡店、衣類店、理髪店などが営業を開始しています。

アクセスは、下北沢駅、東北沢駅、いずれの駅からも徒歩4分ほど。

「reload」の今後の変化が楽しみです!
 
 
 
 
世田谷区の不動産の鑑定評価を承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
4552057_s

 

不動産鑑定士・伊藤由美子です。

 

東京・西新宿にある京王プラザホテルが、明日6月5日、開業から50周年を迎えます。

 

 

同ホテルは、明治時代に東京市域への水供給のため設置された「淀橋浄水場」の廃止によって生まれた広大な跡地の一郭に、1971年に誕生しました。
 
現在、東京都庁や多数の民間超高層ビルが建ち並ぶ「新宿副都心」エリアで最初の超高層ビルであり、日本初の超高層ホテルです。

 
京王電鉄の広報誌『ivory』2021年5月号の特集記事によれば、

地上170mの最上階展望台や斬新なインテリアなど、時代を先取りした、「ホテル」という新たなコミュニケーションの場は多くの人を惹きつけ、当時大きな話題を集めたそうです。根底にあるのは「単に宿泊する場所ではなく、老若男女、さまざまなお客様が集う”都市の広場(プラザ)”でありたい」という”プラザ思想。”

とのこと。

 
東京を代表するエリアのひとつとなった新宿副都心の開発当初、人びとを包んだ熱気が伝わってきます。
 
 
弊社代表の降矢も私も、家族の集まりの場として利用したり、都庁での調査の前後に立ち寄ったり、と、京王プラザホテルには親しみを感じております。
 
前回ブログで小学生のころ上京旅行をした話に触れましたが、その旅行時に宿泊したのが、京王プラザにまつわる私の一番古い記憶です。
 
 
6月28日までホテル本館3階ロビーにて、開業50周年記念展示『脈動する街、西新宿-立体(ジオラマ)と平面(定点写真)から見る50年の歩み-』が開催中です。
 
会期中に西新宿での業務が入ることがあれば、見にいこうと思います!

 
 
 

新宿エリアの不動産鑑定評価を多く承ってまいりました↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
FRAコンサルティング・伊藤由美子です。

世田谷区内でいまお薦めの”しっかり歩ける場所”、今日は『世田谷美術館』と『静嘉堂文庫美術館』をご紹介します。

 

582494_s

 

最寄りの用賀駅から徒歩17分。
『世田谷美術館』は、広大な都立砧公園のなかにあります。
 
お花見スポットとしても人気が高い砧公園、お天気の良い日に歩けば近づく春を感じられて、心潤う時間が過ごせます。
 
 
 
 
3月28日まで開催中の「美術家たちの沿線物語」展では、東急田園都市線・世田谷線の沿線ゆかりの美術家による作品が取り上げられています。
 
会場の出口近く、最後に展示されていた池辺一郎の多摩川のスケッチシリーズに感銘を受けました。
昭和5年、15年といった100年以上の作なのに、とてもモダンで。
 
 
次にご紹介する『静嘉堂文庫美術館』は電車駅から徒歩だと30分近くかかり、二子玉川駅や成城学園前駅からバスが出ています。

身体を動かす!ことを意識すれば、片道ならば歩くこともアリかもしれません。
 
29153

 
静嘉堂文庫は三菱財閥の創業者一族である岩崎家が収集した東洋の美術品や古典籍を所蔵する財団です。
 
こちらでは3月28日まで「岩崎家のお雛さま」展が開催されています。
 
 
この静嘉堂文庫美術館は、2022年、東京丸の内にある明治生命館への移転が決定しています。

お雛さま展は、セカンドラストで、次回の「旅立ちの美術」展(4月10日~6月6日)が当地での最後の展覧会となります。
 
移転は、三菱創業150周年に当たる2020年の記念事業の一環で、とのことですが、関係者の方によれば、美術館への交通条件を改善してより多くの方に収蔵品に親しんでもらいたい意図もあるとのこと… 名残惜しいです。

 
新型コロナウイルスだけでなく花粉も気になる時節ですが、どうぞ適度な運動で皆さま心身お健やかにお過ごしください。
 
 

不動産に関するお悩みごとがありましたら…↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
FRAの伊藤です。

前回に続き、今回・次回のブログでも世田谷の話題をお届けします。
 
緊急事態宣言が再発令中の1月そして2月、平日は在宅勤務で、休日は運動のために地元を歩いて過ごしておりました。

休日ウォークで発見した、”しっかりと歩ける”場所をご紹介したいと思います。

本日取り上げるのは、『下北線路街』です。

 
下北線路街は、2018年に完成した小田急小田原線の複々線化事業(地下化)により、東北沢駅~下北沢駅~世田谷代田駅の間に生じた約1.7kmの線路跡地で、その総面積は約27,500㎡。

各地域ごとの特性に合わせたいくつもの開発事業が進められています。
 
今回、世田谷代田駅から下北沢方面へと向かって、鎌倉通りと交差するあたりまで歩いてみました。

 

29152

 
「世田谷代田」駅の地上駅舎は、2017年3月に完成。

その後、世田谷区による駅前広場の整備がはじまり、私が行ったときは工事完了間近、というところでした。
 
 
 
 
駅に隣接して、10月のブログでも取り上げた、箱根から運ばれてくる温泉が楽しめる旅館 「由縁別邸 代田」があります。

温泉!とまでは嗅ぎ分けられませんでしたが、銭湯からよく漂うお湯の香りが、遠くへ来たかのような気にさせてくれました。
 

そのまま東へ歩いていくと、真新しい保育園の前を通過してまもなく、「BONUS TRACK」という商業施設が姿を現しました。
 
BONUS TRACK(ボーナストラック)という名前の由来が素敵です。

小田急線が地下にもぐったことでこのエリアにボーナス的に生まれた線路跡(トラック)、である。
さらに、音盤におけるボーナストラックは、本来の作品の外側にあるけれど、実はアーティストたちがやりたいことをやりやすい。

 
そのように豊かな余白のような場所として、色んな人に本来やりたいことをここで思う存分やってほしい、という願いも込められているのだそうです。
 
運営者の想いを反映し、発酵食のお店や、こだわりあるカフェ、個性的な書店等々、ユニークなお店が集まっていました。
 
 
下北線路街には今年も新たに商業施設、カフェ、ホテル等がオープンします。
再訪して、次は東北沢駅まで歩き切りたいと思います!
 
 
 
世田谷区の不動産の鑑定評価を承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
FRAコンサルティング代表の降矢等です。

この週末、テレビ東京 『出没!アド街ック天国』 で、弊社の地元・錦糸町が取り上げられました。

錦糸町での撮影は昨年12月(緊急事態宣言発出前)とのことで、画面に映し出された街は現在の様子とは少し違い… 改めて宣言解除を待ち遠しく思いました。
 
こちらへ是非お越しください、とは申し上げられない折、地元・墨田の地域文化に池袋の地で親しんでいただける機会をご紹介します。

 
有楽町線池袋駅と副都心線池袋駅をむすぶ通路にあるEchika池袋ギャラリーにて、墨田区の歴史・文化・産業についてのパネル展が行われています。
 

2961993_s
国の伝統的工芸品に指定されている江戸切子など、「いきいきTOKYO夢職人」と題し展示されているとのことです。

展示期間は2月25日(木)まで。

同駅通路を通られた際には、少し足をとめていただければ、と存じます。

 

 

【関連記事】

FRA代表鑑定士 降矢等の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・鑑定評価員
FRA代表鑑定士 降矢等 の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・幹事

東京、墨田・江東・台東の不動産鑑定に強い理由があります

 
 
墨田区は、東京スカイツリーの南側を東西に流れる北十間川を境として、北部と南部で地域性が異なります。

北部は住商工の混在地域、南部は商業地域、と大きく二分されます。
 
コロナ禍は、北部よりも南部にインパクトをもたらしました。

 

155914_s
 
錦糸町そして両国が墨田南部を代表する商業地区です。
 
錦糸町は東京都が策定した7大副都心に入っている区内一の繁華街であり、両国は国技館や江戸東京博物館などがある観光の街です。

 

 
 
『アド街ック天国』で紹介されていたように通常は夜も賑やかな錦糸町は、二度目の緊急事態宣言を受けて苦しい状況です。

両国も、国内外からの観光需要が失われ人の流れが途絶えたことで痛手を受けています。
 

地元の状況を注視し、専門職として、当地に拠点を置く者として、できることに全力であたる所存でおります。
 
不動産に関するお悩みがおありでしたら、どうぞお気軽にご連絡ください。(初回ご相談無料)
 
 

【関連記事】

オンライン面談サービス開始のお知らせ

 

 
FRAコンサルティングの降矢等です。

前回に続き、地元・墨田区での開発、こちらもヒューリック株式会社が参画する公民連携事業の話題をお届けします。
 
墨田区は昨年10月より未利用となっていた錦糸土木事務所跡の区有地について民間事業者への貸付けを決定し、プロポーザル方式で事業者を公募していました。
 
この事業者に、先月、ヒューリック株式会社が選定されました。
 
 
2292300_s

錦糸土木事務所跡地は、錦糸町駅北側の横十間川沿い、錦糸公園に隣接して、大型商業施設オリナスにもほど近い場所にあります。
 
ヒューリックがこの地の活用策として提案したのは、株式会社アストロスケールホールディングスを核テナントとして誘致するオフィスビルの開発でした。
 
 

アストロスケールは、2013年創業の宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去事業を行う会社で、墨田区に本社・製造拠点があります。

海外5か国でも事業を展開し、世界から注目される先進企業です。
 
開発するビルには、同社以外にも宇宙産業やものづくりの会社等、区内外から多彩な企業を呼び込むことが計画されています。
 
地元の不動産鑑定士として、この計画は地域資源を活かしてまちづくりへと繋げる良い案だと思いました。

区としての受けとめ方も同様のようです。

本件について墨田区がホームページに上げた報道発表資料のタイトルに、熱い想いが感じられます。

~ 世界とつながり、次代を築く新産業拠点を目指して ~  スペースデブリ(宇宙ゴミ)問題に取り組む世界が注目する先進企業とすみだの未来を育てます!

 

■錦糸土木事務所跡地・計画建物概要(予定)

所 在 地:東京都墨田区錦糸四丁目17番3号
敷地面積:約2,280㎡
延床面積:約7,100 ㎡
階   数 :地上7階

 
 
今後、年始に一般定期借地権設定契約書が締結されて開発がはじまり、2022年末竣工、2023年供用開始、の予定とのことです。

わが街・錦糸町での再開発に、注目していきたいと思います。
 
 
 
墨田区をはじめ都内不動産の鑑定評価は弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************
 

1 2 3 9