お知らせ

FRAコンサルティング・伊藤です。

前回ブログに続き、横浜開港160周年に関係するイベントのご紹介です。
 
第38回横浜開港祭「開港160周年 ~みんなでつくろう みなとのみらい~」が明日から始まります!

横浜開港祭は、港に感謝し、横浜の開港記念日である6月2日を祝い、さまざまな催しを実施して、まちづくりと観光の活性化を図るために開催される”市民祭”なのだそうですが、まだ私は行ったことがありません。

この週末も別の予定が入ってしまっており… 残念です。

 

31c0d6fae04c0ca2a745f6eccf9cb9e53_s6月1日・2日の2日間、臨港パーク・みなとみらい21地区・新港地区、その他周辺で開催される横浜開港祭ですが、例年約75万人の来場があるそうです。
 
マリン・ランド・ステージの3つに大別されるイベントは、官公庁艇パレード、アクアボード・フライングショー 、物販や展示が楽しめる横浜開港祭ストリート、横浜開港祭検定スタンプラリー、歌やダンス、太鼓のショーなど盛りだくさんとなっています。
イベント一覧のページは、こちら です。

 

上の写真のような、2日の夜の花火打ち上げ(ビームスペクタクルinハーバー)で祝祭はクライマックスを迎えるとのこと。

記念の年である今年は例年以上の人出かもしれませんね!
 

オフィシャルサイトの「横浜開港祭とは」のページに、次のような説明がありました。
 

横浜開港祭は市民・行政そして企業が一体となって参画し運営している市民祭です。毎年約75万人の来場者を迎えるために、忘れてはならないのは多くのボランティアの存在です。

例年横浜開港祭の準備は約9ヶ月前の9月頃からスタートします。

各企業に協賛のお願いをする担当、当日実施する様々なコンテンツを考え設営する担当、開港祭の認知度をあげるために様々な手法でPRする担当、これら3つの役割を軸に、行政や市民団体と連携しながら取り組んでいきます。

そして開港祭当日には多くの横浜市民のサポーターも参加して来場者をもてなします。みなさん、仕事の合間を縫って開港祭実現にむけ日夜遅くまで取り組んでおります。

このようにとても多くのボランティアの活躍で成り立っているのが横浜開港祭です。

 

横浜開港祭もボランティアの方々が支えているのですね。

以前、ボランティアについて考えたとき↓のことを思い出しました。

夏の社会見学からの学び(その2) ~NPO編(セカンド・ハーベスト・ジャパン)

 

 
横浜の不動産鑑定評価も弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

28d647a38f79c51bf5bab5cbdbf627c2a_s

 
伊藤由美子です。

年に何度か私は横浜に行く機会があり、横浜の話題をブログで取り上げたりもしておりますが、今年は横浜にとって特別な年です。

横浜港が開港したのは1859年。
今年は開港160年です!

 

昨年、明治改元・東京改称から150年ということが話題となりましたが、横浜港が開港したのはそれ以前。

横浜が明治の時代を引張っていったのだなぁ、と思います。
 
 
開港当時を感じることができる資料の一つに、当時の人々の関心に応えて出版された「横浜浮世絵」があるそうです。
 
 
神奈川県立歴史博物館によれば、

 

「横浜浮世絵」とは開港をきっかけとして新しく造られていった横浜の街、来日した外国人たちの自分たちとは異なる容姿や生活を描いた浮世絵にはじまり、明治期に、さらに洋風に整備されていった街や鉄道などを描いて出版された一連の作品群を指します。

描かれた表現がすべて事実というわけではありませんが、当時の人々の旺盛な好奇心に応えて描かれた表現は、国際都市横浜のイメージの原点といえます。

 

というものだそうです。

 

同博物館でいま、「横浜浮世絵」を紹介する展覧会が開かれています。

 
************************************************
★「横浜開港160年 横浜浮世絵」展★
 
◇会期 2019年4月27日(土)~6月23日(日)
(月曜日、5月28日・29日は休館)

◇会場 神奈川県立歴史博物館(横浜市中区南仲通5-60) 1階 特別展示室・コレクション展示室

◇開館時間 9:30~17:00 (入館は閉館30分前まで)

◇観覧料 一般700円 20歳未満・学生500円 65歳以上200円 高校生100円 中学生以下無料
************************************************

 
会期中に横浜での予定が入り、横浜浮世絵に会いにいけたらいいのですが…!

 
 

【関連記事】

日本で最初の西洋式街路、横浜・日本大通り
2020年東京オリンピック・横浜港のホテルシップ「サン・プリンセス」

 
 
横浜市の案件を多く承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

FRAの伊藤です。

「平成最後」のあとは、「令和最初」のブログです!

「平成最後」でFRAの地元・墨田の話題をお届けしましたが、「令和最初」は伊藤の地元・世田谷の話題といたします。

setasen

世田谷の中央を三軒茶屋と下高井戸を結んで走る世田谷線は、1969年5月11日、にそれまでの玉川電気鉄道(玉電)の支線・下高井戸線から、東急世田谷線となり、それから50年が経ちます。

東急世田谷線50周年を祝して、沿線ではさまざまなイベントが展開中です。
 
 
 

「世田谷線にのって」展(~5月26日まで)

地域と電車のあゆみを振り返りながら、世田谷線の旅で見つかった沿線の魅力を写真やパネルで紹介する展覧会。
生活工房ギャラリー(三軒茶屋・キャロットタワー3F)で、9:00~20:00、会期中無休、です。

 
 
世田谷線沿線シールラリー(~6月16日まで)

世田谷線沿線のキャンペーン参加店舗でお買いものをしてシールをゲット。
それを写真に撮って応募すると抽選でTHE ROYAL EXPRESS食事つきペア乗車券などの賞品が当たります。

 
50周年を迎えるこの週末に控えているのは・・・
 
復活!「幸福の招き猫電車」

「幸福の招き猫電車」は、世田谷線沿線にある招き猫発祥の地ともいわれている豪徳寺の招き猫をモチーフにデザインされた電車。つり革も招き猫型、床面には猫の足のシールが貼られており、2017年9月の玉電開通110周年イベント時に登場しました。この電車を目当てに世田谷線に乗りにくる方もいらっしゃるほどで、外国人観光客の方の間でも評判に。
 
この招き猫電車が5月12日(日)より復活します!
(運転終了時期は未定。)
 
今回は、車体前面に“猫耳”が新たに描かれるなど、より「猫感」が増すそうなので、私も乗るのが楽しみです。

 
 
4seta

 
世田谷線フェス

5月11日(土)と12日(日)の2日間、世田谷線の沿線各駅で、マルシェ、街バル、フリーマーケット、乗務員体験など企画盛り沢山の「世田谷線フェス」が開催されます。

 

 
 

世田谷線沿線にはこのところカフェなど若い経営者のお店が増え、わざわざ遠方から来られる方が増えています。
 
皆さまも是非、世田谷線と沿線歩きをお楽しみにお越しください。
 
世田谷には降矢も縁があり、世田谷のあれこれについて過去のブログでもご紹介をしております。
こちらもお読みいただけましたら、幸いです。
 

【関連記事】

生産緑地面積は23区内2番目・世田谷の都市農地のリアル
世田谷の父の実家での思い出

準工業地域には、なんでも建っている!? 世田谷の準工業地域は変貌中!
ものづくりのある街・桜新町(その1) ~「桜新町地区準工業地区」の歴史
ものづくりのある街・桜新町(その2) ~「桜新町地区準工業地区」の今
ものづくりのある街・桜新町(その3) ~世界を目指す!ユー花園

外環道・東名ジャンクション予定地に遺跡が!

 
 

世田谷の不動産鑑定評価についてもお気軽にご相談ください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************


降矢等です。

2015年の「空き家対策特別措置法」の完全施行からもうすぐ4年が経ちます。

この間、東京都はさまざまな施策を打ち出してきました。
今春の最新情報を2つお知らせいたします。

 

 

 

1.「東京空き家ガイドブック」発行

空き家の解決の手がかりとなる”基礎知識”(「空き家のギモン編」)と”解決事例”(「空き家の事例集編」)がまとめられた冊子が先月発行されました。

「空き家のギモン編」では下記のような項目について、Q&A方式で解説されています。

・どんなときに空き家になるか
・空き家の解決策にはどんなことがあるか
・空き家を相続したら、まず何を確認すればいいのか
・空き家にどのような税金がかかるのか
・空き家を売却する場合、どのような流れで進めればよいか
・空き家を賃貸する場合、大家としてどのような流れで進めればよいか
・空き家を放っておくとどうなるか
・空き家のことについて、相談できるところはあるか
・空き家に対する補助金などの支援はあるか

このガイドブックは、住宅をご所有のどなたにとっても一読の価値があるものだと思います。
東京都都市整備局のホームページよりダウンロードできますので、是非ご覧になってみてください。

「東京空き家ガイドブック」

 

2.「起業家と空き家をつなぐコーディネーター」募集

東京都は来たる6月より起業家が考える空き家活用についての事業プランを募集する予定ですが、これに先立ち、起業家からの空き家物件に関する相談への対応や物件の紹介を行うコーディネーターを募集中(~4月26日まで)です。

詳しくは、東京都の下記サイトをご覧ください。

起業家と空き家をつなぐコーディネーターを募集します

 

 

弊社不動産鑑定士一同も民間の立場で社会問題である空き家の解決に力を尽くす所存です。

空き家のお悩みについて、どうぞお気軽にお電話(03-3626-5160 土・日・祝日もお受けします)でご相談ください!

 

 【関連記事】

 空き家は、景観・衛生・治安を悪化させ、倒壊の危険も

身動きが取れない、空き家所有者

空き家の心配解決、市町村の条例確認から始めましょう

中古住宅として空き家を売却 ~空き家解決・建物を残したまま

古家付き土地として空き家を売却 ~空き家解決・建物を残したまま

リフォームをして戸建住宅として空き家を貸す ~空き家解決・建物を残したまま

DIY型賃貸借で空き家を貸す ~空き家解決・建物を残したまま

保育施設として空き家を貸す ~空き家解決・建物を残したまま

介護施設として空き家を貸す ~空き家解決・建物を残したまま

建物敷地として土地を貸す ~空き家解決・建物を壊し更地に

駐車場用地とする ~空き家解決・建物を壊し更地に

アパート経営を行う ~空き家解決・新しい建物を建てる

高齢者施設を建て一括貸しする ~空き家解決・新しい建物を建てる

空き家問題、解決方法のまとめ

FRAコンサルティングの伊藤です。
 
心華やぐ春を迎えました。新生活を始められた方、あるいはもうすぐ始められるという方が多くいらっしゃるかと思います。素晴らしいスタートとなりますことをお祈りいたします!
 
 
68ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_sさて、弊社が所属する「東京都不動産鑑定士協会」では、毎年4月に都内7ヵ所(新宿、町田、錦糸町、吉祥寺、渋谷、蒲田、西多摩)で街頭無料相談会を開催いたします。

 

不動産の価値や売買、活用、税務等に関するお悩みごとについて、不動産鑑定士が無料で相談に応じております。

 

 
詳しい日程・場所につきましては、↓下記リンクをご覧ください

春の不動産無料相談会

 
 
じっくりと落ち着いてご相談なさりたい方は、弊社の無料相談をご利用下さいませ!
 
全国の不動産についてのご相談を承っております、まずはどうぞお気軽にお電話(03-3626-5160)にてご連絡ください。

 

**◇◆【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング◆◇*********

ウェブフォームより24時間受付中です ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話は土日祝日もお受けいたします ⇒ 03-3626-5160

***********************************************************

弊社の所属する日本不動産鑑定士協会連合会が、4月1日の「不動産鑑定評価の日」を記念して来たる4月16日(火)に講演会を開催します。

 

「不動産鑑定評価の日」記念講演会67a7235228b02b8f360cd4dcf6061647_s

平成31年 地価公示について

演者:公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会

地価調査委員長 後藤 計

スポーツマネジメント -強い個人と強い組織の作り方-」 (約90分)

演者:日本ラグビーフットボール協会コーチングディレクター 中竹 竜二 氏

 

日時:平成31年4月16日(火)  18時30分~20時30分(開場18時00分)

場所:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

定員:先着600名 入場料無料

申込:お申込みフォームより 4月1日(月)17時まで受付

問い合わせ先:公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会「記念講演会」係 電話(03‐3434‐2301)

 

いよいよ発表となる平成31年地価公示に関するお話と、スポーツの枠を超えた個人と組織の育成についてのお話の二本立てです。

ぜひご参加下さい!

 
**◇◆【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング◆◇*********

ウェブフォームより24時間受付中です ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話は土日祝日もお受けいたします ⇒ 03-3626-5160

***********************************************************

FRAコンサルティングの伊藤です。

一年ほど前、職人さんが重機を駆使して建物を解体していく様子を見せるバラエティ番組についてブログで話題にしましたが、重機、あるいは工事の現場、というのは常に熱い注目を集めるテーマのようですね!

今、東京・お台場の日本科学未来館で、重機のオールスターが大集合し、工事現場の世界を体感できる展覧会が開催中です。

 


 

★「工事中! ~立ち入り禁止!?重機の現場」展★

 

◇会期 2019年2月8日(金)~5月19日(日)

◇会場 日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)

◇展示時間 10:00~17:00(火曜日休館。ただし、3月26日・4月2日・4月30日は開館)
(入場は閉館30分前まで)。

◇観覧料 大人1600円ほか

 


 

50-4

 

展示の構成は、

プロローグ:「地球」工事中!―文明を築く技術
第1章:「大地」工事中!―世界を拓く重機たち
第2章:「都市」工事中!―建物、街、生活をつくる
第3章:「都市」再・工事中!―解体の美学
第4章:「未来」工事中?―これからもくらしを支えるために

 

だそうですが、工事!工事!工事!と、聞くだけでワクワクさせられますね。

詳しい内容は、日本科学未来館の特設サイト、展示構成 をご参照ください。

土木や建築の最新技術を学ぶことができる貴重な機会、私もはたらくクルマ好きの息子たちを連れて、見にいこうと思います。

【関連記事】

『THE更地』を見て…(その1)

”空き家解体”番組のブーム到来!?

 

解体・建替えを前提とした不動産評価を承ります↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

Christmas_Elements_9_A

 

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も一層のサービス向上を目指し、スタッフ一同誠心誠意努めてまいります。

変わらぬご愛顧を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

株式会社FRAコンサルティング
代表不動産鑑定士
降矢 等

 

**◇◆新しい年もお気軽にご相談下さい◆◇**********************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

 
2019nenmatu
平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。
 
誠に勝手ではございますが、下記年末年始の期間につきまして休業とさせて頂きます。
 

【休業期間】平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)

 
 
ご不便おかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

皆さまがよき新年を迎えられますことを心よりお祈り申し上げます。

 
**◇◆新しい年もお気軽にご相談下さい◆◇**********************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

FRAコンサルティング代表の降矢です。

 

先日のブログで、平成最後となる平成31年1月1日地価公示に向けて鋭意取り組み中であることをご報告しました。
その後、分科会・幹事会といった会議に出席し、担当地域である台東、墨田、江東の各所へ足を運んでいます。

 

1a9f1e3dac47e3ada13d92b025f6452_s

 

 

さて、以前、弊社の伊藤がブログの話題に挙げましたように、今年は「明治」への改元から150年となる節目の年です。

 

上野に出向いた折に、国立科学博物館で「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」をやっていることに気付きましたので、ご案内いたします。

 

 

 

 


 

★「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」展★

 

◇会期 平成30年10月30日(火)~平成31年3月3日(日)

◇会場 国立科学博物館(東京都台東区上野公園7-20)

◇見どころ 明治150年を記念し、明治から平成に至るまでの、日本を変えた科学技術に焦点を当て、ストーリーやキーパーソン、製品・部品、文書、写真資料などを一堂に集めて紹介します。日本の科学技術の歩みを振り返り、その強みや面白さにスポットライトを当てることにより、科学・技術の未来を考えます。

◇観覧料 一般・大学生 1,600円 小・中・高校生 600円(未就学児無料)

 


 

 

今回の上野訪問時には、残念ながらこの展覧会を見る時間を作ることができませんでしたが、技術進化というテーマにはとても興味があります。
(大学時代は理工学部の学生でした。)

 

ぜひ次の機会にはゆっくり観覧したいです。

 

【参考記事】

不動産鑑定士になる前のこと(降矢 等)

 

なお、弊社ブログでこれまでにご紹介した展覧会のうち、以下は現時点でまだ開催中です。

「東京150年―公文書と絵図が語る首都東京の歴史」展(千代田区)

「大・地図展―古地図と浮世絵」展(文京区)

 

歴史や地図にご関心のある方はお出掛けになってみてください。

お帰り途中には不動産のご相談も…どうぞお気軽にお電話(03-3626-5160)ください。

お待ちしております。