お知らせ

1 2 3 5

不動産鑑定士・伊藤由美子です。

実りの秋も終盤、本日は月末に練馬で開催される「世界都市農業サミット」というイベントについてお知らせします。
 
cb6d63912f3e642bf33dd0be056a4c55_s東京都の農地面積は2016年時点で約7,000ha。
2007年には約8,090haで、農地面積は年々減少していますが、農地面積23区内トップであるのが練馬区です。
 
都市農地は農作物の供給地となるのみならず、農業体験や食育の場、災害時の避難場所、ヒートアイランド現象を緩和し大雨の際に貯水する場、心和ませる緑地空間といった、様々な役割を担っており、近年、その価値が見直されてきています。

 
 
この傾向は国内だけのものではなく、世界各都市でも、暮らしに新たな豊かさをもたらすものとして都市農業に注目が集まり、さまざまな新しい取り組みが始まっています。
 
23区内農地面積の4割を占める練馬区が、都市農業について積極的な取組を行っている海外の都市(ニューヨーク、ロンドン、ジャカルタ、ソウル、トロント)の農業者や研究者等を招いて、都市農業の魅力と可能性を世界に発信することを目的として国際会議イベントを開催するのが「世界都市農業サミット」です。
 

~「世界都市農業サミット in練馬」~

1.日時

 令和元年11月29日(金)~12月1日(日)

2.場所

 練馬文化センター、区民・産業プラザ(Coconeri)、平成つつじ公園ほか

3.一般参加可能なイベント

練馬大根引っこ抜き競技大会、ねりまワールドフェスティバル、ワールドマルシェなど

4.主催

 世界都市農業サミット実行委員会・練馬区

なお、世界都市農業サミットのチラシは、こちら です。

 

地産地消でみどりを守っていくこともできれば素敵ですね!
都市の新しいトレンドに、敏感でありたいと思います。
 

【関連記事】

東京の農林水産業の魅力を発信! 「TOKYO GROWN」
生産緑地面積は23区内2番目・世田谷の都市農地のリアル
 
 
 

生産緑地の鑑定評価を承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

8e558328a9ce1b327f38a47ce624426c_s

 

FRAコンサルティング代表の降矢等です。
 

地価公示法(昭和44年法律第49号)が施行されて、今年で50年。節目の年を迎えました。

 
 
 

地価公示の公表は第1回目が1970(昭和45)年であり、標準地の数は東京地区650、大阪地区240、名古屋地区80の合計970地点でした。

そして、制度発足から50年を迎えようとしている現在、平成30年地価公示の実績としては、全国を167の分科会に分けて、2,442人の鑑定評価員(不動産鑑定士)が、全国26,000地点(うち、福島第一原子力発電所の事故の影響による12地点で調査を休止)について選定及び確認を行い、分科会等における議論を経て、鑑定評価の結果に基づいて国土交通省の土地鑑定委員会が価格を判定し、公表しています。

さらに、これまでは鑑定評価書の一部だけを情報公開していたものを、平成31年地価公示からは、インターネットを通じて鑑定評価書の全てのページを公開するまでに進化しています。

公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会ホームページより

 

弊社が所属する公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会では、9月のブログでもご紹介した講演会ほか、地価公示制度についてより広く皆さまに知っていただきたく、さまざまな「地価公示制度50周年記念事業」を企画・実施してまいりました。

今月、同会の監修による地価公示に関する書籍が出版されましたので、ご紹介いたします。

「Q&Aでわかる地価公示の見方・活かし方」 (中央経済社・2200円)

 
同会広報委員会が作成した8分ほどの記念動画は、地価公示がどのような制度であるか、その社会的な意義はなにか、についてわかりやすく説明しています。

「あなたの役に立ちたい ~地価公示~」

 
 
私どもも地価公示に関して継続的にブログ発信しております。

ズバリ、地価公示・地価調査って? 生活への影響は?
地価公示と地価調査の違い
不動産の鑑定評価に欠かせない、地価公示情報の検索

東京都、(公的)不動産の鑑定評価では19グループに分かれます
平成28年度の地価公示分科会幹事に就任しました
FRA代表鑑定士 降矢等の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・鑑定評価員
FRA代表鑑定士 降矢等 の仕事 ~東京都区部第5分科会(台東・墨田・江東)・幹事

 

地価公示の業務担う不動産鑑定士は、この制度を通して広く国民の皆さまとつながりを頂いております。
 
地価公示制度についてご不明な点がおありでしたら、いつでも個別にお答えいたします!

お気軽にお電話(03-3626-5160 土・日・祝日もお受けします)でご質問ください。
 

不動産鑑定士・伊藤由美子です。

10月18日のブログで「本日は『統計の日』」とお知らせしましたが… 本日11月1日は「計量記念日」だそうです!

 

4baddc5340038bf4ec05b2eea7feb76dc_s
はかる(計る、量る、測る)ことに関わる計量の制度は、私たちの経済活動や社会活動を支える基本的・基盤的な制度です。
 
そのため、経済産業省は現行の計量法が施行されたのが平成5年の11月1日であることから、以後11月1日を「計量記念日」とし、計量法の適切な実施とともに計量思想の普及啓発活動を行っています。

 

不動産鑑定士としての仕事において、とくに「測る」ことは基本的動作です。

評価する不動産の間口、奥行きや、高さ、前面道路の幅、最寄駅からの距離など、しっかりと測ることが鑑定の精度を左右します。

計量記念日に、いま一度、正確な測定に向けて気を引き締めたいと思います。
 
計量記念日についてのより詳しい情報は、経済産業省のホームページをご覧ください。
 
 
「測る」に関連して、話題をもう1つ。
 
今年は、明治政府が近代測量を行う国家機関を設置してから150年目を迎える年にあたるとのことで、新宿区歴史博物館で「近代測量150年記念 測量×地図 測り・描き・守り・伝える」展が現在開催中です。

 

以下、一般社団法人新宿観光振興協会ホームページからの情報です。

 


 

★「近代測量150年記念 測量×地図 測り・描き・守り・伝える」展★

 

◇会期 令和元年9月22日(日)~12月8日(日)

◇会場 新宿区立新宿歴史博物館 地下1階 企画展示室(東京都新宿区四谷三栄町12-16)

◇見どころ 国土地理院を始め、近代測量150年記念事業推進会議を構成する各機関が所蔵する貴重な古地図や測量器具、および新宿歴史博物館が所蔵する各種資料により、現代までの測量技術の進歩と地図の歴史を紹介します。

◇観覧料 常設展観覧料(一般300円)で観覧可能・中学生以下は無料

 


 

地図についてはもちろんですが、測量技術の進歩も鑑定のために深めておきたい知識です。

都庁調査の帰りなどに立ち寄りましょうか、と代表鑑定士の降矢と話しております。
 
 
 
山林など面積の確定が難しい土地の評価も、承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒  www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

FRAの伊藤です。

10月18日は「統計の日」です。ご存じでしたか?

明治3年、日本ではじめて近代的な生産統計(「府県物産表」)の作成がなされた日が、本日10月18日(太陽暦換算)なのだそうです。

 

DSC_0709国や地方自治体による政策の立案・実施や、民間のビジネス等において、統計情報は必要不可欠なもの。

統計は正確に作成される必要がありますが、調査対象者の調査への理解・協力のもと、正確な回答が積み上がってはじめて、これが可能となります。

そこで、広く国民の統計の重要性に対する関心と理解を深め、統計調査への前向きな取り組みを促すため、昭和48年に「統計の日」が定められました。

 
 
総務省をはじめ、各府省や地方公共団体は、「統計の日」に合わせたポスターの作成・掲示などにより広報活動を行うほか、講演会・展示会の開催功労者の表彰などさまざまな行事を実施しています。

その一環として、明日・明後日と、東京・新宿で「統計データ・グラフフェア」が開催されますので、お知らせいたします。

 
以下、総務省ホームページ からの情報です。

~「統計データ・グラフフェア」~

1.日時

 令和元年10月19日(土)10:00~20:00・10月20日(日)10:00~17:00

2.場所

 新宿駅西口広場イベントコーナー(東京都新宿区)

3.主な展示内容

〇統計グラフ全国コンクール入選作品の展示
〇首都圏の統計グラフコンクール入選作品の展示

・東京都(東京都知事特別賞等の入選作品、佳作及び努力賞の作品)
・埼玉県(1等、2等及び3等の作品(奨励賞は含まれません。))
・千葉県(特選、入選の作品(佳作は含まれません。))
・神奈川県(県知事賞等の入賞作品(奨励賞は含まれません。))

〇日本の「統計の日」の紹介
〇都道府県の企画展示
〇各府省の統計調査紹介
〇統計教育紹介

4.主催

 総務省、東京都、(公財)統計情報研究開発センター

なお、フェアのリーフレットは、こちら です。

 

以前のブログに綴っておりますが、不動産鑑定評価においても、統計情報を活用する場面が多々あります。

【関連記事】

不動産鑑定評価に、統計情報は欠かせません
賃料評価に活用!「消費者物価指数」「企業向けサービス価格指数」
過去時点の建物評価に活用!「建設工事費デフレーター」
不動産価格の暴騰・暴落が起きる理由

 

鑑定評価で採用しております統計数値について、詳しくご説明をさせていただきます。

ご不明な点がございましたら、どうぞご遠慮なく担当鑑定士にお声掛け下さいませ。

 

 

東京の不動産鑑定評価は弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

c5d81e6d871e0c6cda5dd33f6819396c_s

不動産鑑定士・伊藤由美子です。

本日10月1日は国土交通省が定めた「土地の日」。

同省はあわせて10月を「土地月間」と定め、地方公共団体や関係団体との連携のもと、土地が適正に利用・管理され、豊かで安心できる住みよい社会となるよう、土地に関するさまざまな啓発活動を実施しています。

 

9月のブログでご案内した2つの講演会(下に再掲)も、土地月間を記念したイベントです。

無料講演会「夢を叶える生き方 -プロフェッショナルとしてのキャリア形成-」
(10月8日 演者:杉山 愛 氏 主催:東京都不動産鑑定士協会)

無料講演会「リアルな世界と嘘の世界~隠れ家を探そう」
(10月14日 演者:石田 衣良 氏 主催:日本不動産鑑定士協会連合会)

 
他のイベント等の情報については、国土交通省のプレスリリース をご参照くださいませ。

 
ff31f69295427ff3841eaa4b6d316d2b_sまた、国土交通省は、都道府県、市町村とともに10月を「都市緑化月間」と定め、地域住民の緑化意識の高揚を図るべく、都市の緑化および都市公園等の整備の推進に関係した行事各種を全国で実施します。

都市に暮らす市民の緑への関心を高めることを目的として、花鉢や苗木の配布、普及啓発冊子の配布、園芸相談などが実施される「都市緑化キャンペーン」のほか、都市緑化の功労者を国土交通大臣が表彰する「全国大会」が開催されます。

 
両イベントについては、国土交通省の報道発表資料 をご覧ください。
 
なお、都市緑化月間には、昭和記念公園や武蔵丘陵森林公園といった国営公園の無料開放日が設けられています。
日程や開放日とおもな催事についての情報は、こちら です。

 
周辺の緑化の状態は、土地価格に影響してきます。

実りの季節に、少し立ち止まって、不動産や街について考えてみませんか?

緑あふれる街づくりに貢献し、その街の土地の力を最大に引き出すような利用と管理につとめて、精神的にも経済的にも豊かな暮らしを実現したいですね!

 

 

不動産とより良く関わり、豊かな生活を実現するお手伝いをいたします↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

弊社の所属する「日本不動産鑑定士協会連合会」が、来たる10月14日(月・祝)に講演会を開催します。

 

d1894a61d975756b2a961712083cba94_s無料講演会「リアルな世界と嘘の世界~隠れ家を探そう」

◇主催挨拶

:公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会 会長 吉村真行

◇記念講演「リアルな世界と嘘の世界~隠れ家を探そう」

:作家 石田衣良 氏

 

日時:令和元年10月14日(月・祝) 10時00分~15時00分

場所:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

定員:600名 入場料無料

申込:お申込みフォームより9月30日(月)17時まで受付

問い合わせ先:日本不動産鑑定士協会連合会 「記念講演会係」  電話(03-3434-2301)

 

土地月間と地価公示制度50周年を記念する講演会です。是非ご参加下さい!
 
 
**◇◆【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング◆◇*********

ウェブフォームより24時間受付中です ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話は土日祝日もお受けいたします ⇒ 03-3626-5160

***********************************************************

弊社の所属する「東京都不動産鑑定士協会」が、来たる10月8日(火)に講演会を開催します。
 
無料講演会「夢を叶える生き方 -プロフェッショナルとしてのキャリア形成-」
 
4915234a2065b71e4df767c1c22225e0_s令和元年 東京都地価調査のあらましについて」 (約20分)

演者:公益社団法人 東京都不動産鑑定士協会 理事 服部 毅

夢を叶える生き方 -プロフェッショナルとしてのキャリア形成-」 (約80分)

演者:スポーツコメンテーター・元プロテニスプレーヤー 杉山 愛 氏

 

日時:令和元年10月8日(火)  13時30分~16時30分(予定)

場所:イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング)

定員:先着500名 入場料無料

申込:お申込みフォームより

問い合わせ先:東京都不動産鑑定士協会 「講演会係」  電話(03-5472-1120) FAX(03-5472-1121)

 

会場は日比谷公園からすぐの場所です。是非ご参加下さい!
 
 

**◇◆【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング◆◇*********

ウェブフォームより24時間受付中です ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話は土日祝日もお受けいたします ⇒ 03-3626-5160

***********************************************************

502d2ba6a1ae052d71b96ae0b6e45c47_s

 

不動産鑑定士・降矢等です。

梅雨に入り、豪雨による水害が心配な時季となりました。

今週から、公益社団法人土木学会による、水害について総合的な知識を得て、避難や地域づくりについて学びを深めることができる無料のオンライン講座の提供が始まっています。

 

 

前提知識不要で、災害・防災・減災に関心を持つ市民に役立つ内容となっているとのことですので、公益社団法人土木学会ウェブサイト および講座配信プラットフォーム「Fisdam」ウェブサイト に掲載されている講座概要を、皆さまにご案内いたします。

 
***********************************************************************

比較自然災害学(水災害編) ~多発する多様な自然災害にどう向き合うか~

◇講座内容

第1章:津波編

1-1 安全と安心
1-2 津波災害の歴史とメカニズム
1-3 地域の取り組み
1-4 今後の対応

第2章:高潮編

2-1 高潮被害と記憶
2-2 高潮のメカニズムと被害の特徴
2-3 地域の取り組み
2-4 今後の対応

第3章:豪雨編

3-1 豪雨災害の歴史
3-2 豪雨災害のメカニズム
3-3 豪雨災害への取り組み
3-4 今後の対応

第4章:避難の意識とまちづくり

4-1 避難の意識
4-2 川からみたまちづくりと海からみたまちづくり(1)
4-3 川からみたまちづくりと海からみたまちづくり(2)
4-4 自然災害への適応に向けて

◇スケジュール

開講期間1  :第1章 2019年6月17日~2019年7月31日
開講期間2  :第2章 2019年6月24日~2019年7月31日
開講期間3  :第3章 2019年7月1日~2019年7月31日
開講期間4  :第4章 2019年7月8日~2019年7月31日

◇受講方法

「Fisdam」ウェブサイトから申込み。受講は無料、7月31日まで受講可能。「Fisdam」へのユーザー登録が必要。

***********************************************************************

 

防災・減災には、災害の実態についてあらかじめ学び、備えを固めておくことが大切です。

私どもが過去に発信しました災害と不動産についての記事も、あわせてお役立てください。
 

 土砂災害の3分類&危険を見分ける4つのステップ。そして危険の取り扱いについて。

土砂災害(特別)警戒区域」の土地評価の方法

「海抜ゼロメートル地帯」の土地価格

川がなくても水害は起こります!世田谷区に聞いた水害への備え。

 

災害リスクが不動産価値に与える影響につきまして、個別にご相談をお受けしております。
どうぞお気軽にお電話(03-3626-5160 土・日・祝日もお受けします)でご連絡ください。

FRAコンサルティング・伊藤です。

前回ブログに続き、横浜開港160周年に関係するイベントのご紹介です。
 
第38回横浜開港祭「開港160周年 ~みんなでつくろう みなとのみらい~」が明日から始まります!

横浜開港祭は、港に感謝し、横浜の開港記念日である6月2日を祝い、さまざまな催しを実施して、まちづくりと観光の活性化を図るために開催される”市民祭”なのだそうですが、まだ私は行ったことがありません。

この週末も別の予定が入ってしまっており… 残念です。

 

31c0d6fae04c0ca2a745f6eccf9cb9e53_s6月1日・2日の2日間、臨港パーク・みなとみらい21地区・新港地区、その他周辺で開催される横浜開港祭ですが、例年約75万人の来場があるそうです。
 
マリン・ランド・ステージの3つに大別されるイベントは、官公庁艇パレード、アクアボード・フライングショー 、物販や展示が楽しめる横浜開港祭ストリート、横浜開港祭検定スタンプラリー、歌やダンス、太鼓のショーなど盛りだくさんとなっています。
イベント一覧のページは、こちら です。

 

上の写真のような、2日の夜の花火打ち上げ(ビームスペクタクルinハーバー)で祝祭はクライマックスを迎えるとのこと。

記念の年である今年は例年以上の人出かもしれませんね!
 

オフィシャルサイトの「横浜開港祭とは」のページに、次のような説明がありました。
 

横浜開港祭は市民・行政そして企業が一体となって参画し運営している市民祭です。毎年約75万人の来場者を迎えるために、忘れてはならないのは多くのボランティアの存在です。

例年横浜開港祭の準備は約9ヶ月前の9月頃からスタートします。

各企業に協賛のお願いをする担当、当日実施する様々なコンテンツを考え設営する担当、開港祭の認知度をあげるために様々な手法でPRする担当、これら3つの役割を軸に、行政や市民団体と連携しながら取り組んでいきます。

そして開港祭当日には多くの横浜市民のサポーターも参加して来場者をもてなします。みなさん、仕事の合間を縫って開港祭実現にむけ日夜遅くまで取り組んでおります。

このようにとても多くのボランティアの活躍で成り立っているのが横浜開港祭です。

 

横浜開港祭もボランティアの方々が支えているのですね。

以前、ボランティアについて考えたとき↓のことを思い出しました。

夏の社会見学からの学び(その2) ~NPO編(セカンド・ハーベスト・ジャパン)

 

 
横浜の不動産鑑定評価も弊社にお任せください↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

28d647a38f79c51bf5bab5cbdbf627c2a_s

 
伊藤由美子です。

年に何度か私は横浜に行く機会があり、横浜の話題をブログで取り上げたりもしておりますが、今年は横浜にとって特別な年です。

横浜港が開港したのは1859年。
今年は開港160年です!

 

昨年、明治改元・東京改称から150年ということが話題となりましたが、横浜港が開港したのはそれ以前。

横浜が明治の時代を引張っていったのだなぁ、と思います。
 
 
開港当時を感じることができる資料の一つに、当時の人々の関心に応えて出版された「横浜浮世絵」があるそうです。
 
 
神奈川県立歴史博物館によれば、

 

「横浜浮世絵」とは開港をきっかけとして新しく造られていった横浜の街、来日した外国人たちの自分たちとは異なる容姿や生活を描いた浮世絵にはじまり、明治期に、さらに洋風に整備されていった街や鉄道などを描いて出版された一連の作品群を指します。

描かれた表現がすべて事実というわけではありませんが、当時の人々の旺盛な好奇心に応えて描かれた表現は、国際都市横浜のイメージの原点といえます。

 

というものだそうです。

 

同博物館でいま、「横浜浮世絵」を紹介する展覧会が開かれています。

 
************************************************
★「横浜開港160年 横浜浮世絵」展★
 
◇会期 2019年4月27日(土)~6月23日(日)
(月曜日、5月28日・29日は休館)

◇会場 神奈川県立歴史博物館(横浜市中区南仲通5-60) 1階 特別展示室・コレクション展示室

◇開館時間 9:30~17:00 (入館は閉館30分前まで)

◇観覧料 一般700円 20歳未満・学生500円 65歳以上200円 高校生100円 中学生以下無料
************************************************

 
会期中に横浜での予定が入り、横浜浮世絵に会いにいけたらいいのですが…!

 
 

【関連記事】

日本で最初の西洋式街路、横浜・日本大通り
2020年東京オリンピック・横浜港のホテルシップ「サン・プリンセス」

 
 
横浜市の案件を多く承っております↓

**◇◆どうぞお気軽にご相談下さい◆◇***************************

ウェブフォームはこちらです ⇒ www.fra-c.co.jp/contact/

お電話、土日祝日もお受けします! ⇒ 03-3626-5160

【初回ご相談無料】 株式会社FRAコンサルティング

***********************************************************

1 2 3 5